レビュー:野球つく!!

 スポンサーリンク

新作アプリ「野球つく!!」をプレイしました!

Screenshot_2016-07-02-08-30-01

※クリックで画像を拡大

2016年6月2日にPC版サービス開始。6月30にスマホ版サービス開始。

筆者は7月1日からプレイ開始!

●野球つく!!

発売元  :株式会社SEGA
発売日  :PC版2016年6月2日(スマホ版6月30日)
ハード  :スマホアプリ
ジャンル :オンラインスポーツシミュレーション
課金制  :基本無料・選手ガチャ・アイテムガチャ
スタミナ制 :一部あり
マルチプレイ:なし
チャット  :なし
対人戦   :なし(オート対戦)

▼プレイ状況
プレイ時間 :1週間
課金    :無課金

●5行でまとめると

・プロ野球チーム運営シミュレーション(選手を操作する部分は無い)

・日本野球機構公認。選手は実名かつ実写カード(一部実写なし)

・丁寧かつ細かい完成されたゲームシステム。

・幅の広い選手の強化・オーダー編成。

・PC、スマホどちらでも同一データでプレイ可能

↓PC、スマホともほぼ同じレイアウト

Screenshot_2016-07-02-08-37-38

●主なポイントレビュー

1.ストーリー :ペナントレースのシミュレーションが主軸。

2.グラフィック:実写の選手カードあり。試合を3Dで視聴することも可能。

3.サウンド  :雰囲気にあっていると思う。

4.アクション :アクション要素ほぼなし。ボタン配置などの操作性は良い。

●ゲーム概要

これから始める人のために、基本的なところをすごくざっくりと説明!

↓主な流れ図

Screenshot_2016-07-02-08-36-34

1.ペナント

・独自のプロ野球チームを作り、ペナントで戦うことがゲームの主軸。
・オーダー編成で設定されたメンバーと戦術により、全て自動で試合が行われる。プレイヤーは試合結果を見るのみ。フル試合、ダイジェスト、スコアボードの3種類がある。
・1週間が1シーズン。クラス分けされており、1週間ごとに昇格、降格、残留が決まる。

2.選手獲得

・スカウト(無料ガチャ)か、つくガチャ(課金ガチャ)で選手を揃えられる。
・育成選手を育て、チームに加えることもできる。

3.選手・チーム強化

・「スキル」を選手カードにセットして強化する。
・「野手練習」で打線のつながりを上昇させる。
・「投手練習」でバッテリーの相性を上昇させる。
・「留学」で選手の能力を上げる。

4.オーダー編成

・スタメン・ベンチ・ローテーションの設定
・「監督」を選ぶことで特殊効果を発生させたり、選手の能力を上げることができる。
・「チームカラー」を選ぶことで選手の能力を上げることができる。

5.ホームタウン

・町を発展させると収入が入る。また有益なイベントなどが起きる。
・球団施設をレベルアップさせることで出来ることが増える。

●その他

課金必要性 :無評価
以下の特殊な特徴があるため現在のところ正確な評価は難しい。

・選手に契約数という使用期限があり、基本的に入手してから50日でチームから離れる。
・無課金でもそれなりの選手を手に入れられる仕組みがある。
・チーム全体でのコスト上限があり、「強い選手=高コスト」のため強い選手だけ集めて使うということが出来ない。

長所 :
・実名有名選手が使える。引退選手もイベントで入手できることがある。
・シミュレーション部分がしっかりしている。

短所 :
・基本的にプロ野球ファンのための作り。
・選手が契約日数によりチームから離れるシステムを受け入れられるかどうか。

●プレイ雑感 及び 総評

「野球つく!!」は過去作として「プロ野球チームを作ろうONLINE」などがある。

筆者は今作が初めてのプレイである。ゲーム開始後気づいた点として、情報量が多いにもかかわらず、レイアウトがすごく見やすい。配置、色彩等かなり検討したに違いない。

チュートリアルのお姉さんも親切

大手ゲームメーカーだけあって、基本的な作りがしっかりしているなーと感じた。

※編成画面参照

Screenshot_2016-07-02-08-59-25

そしてゲームプレイ1週間の感触。

このゲームは、試合→強化・編成→試合→強化・編成→・・・の流れとなる。基本的に長時間プレイする必要はない。シミュレーション好きの私には向いている。

選手を強化、編成して試合の成果を待つ流れが楽しい。チーム編成の成果は、かなりはっきりと試合結果に出る。

プレイしていて感じた最大の長所は、コストシステムがきついことだと思う。

強い選手(=高コスト)でも、コスト制限があるため入りきらない。必然的に上位打線は高コスト、下位打線は低コストの選手の形となる。現実のチーム編成に近い。

コスト制限が無ければスター選手軍団に誰も勝てなくなるが、現行のコストシステムならばそれはない。

(ただ強くて低コストなガチャ選手もいること、ガチャで選手がダブると強化されることを考えると、やはりガチャ有利ではある)

それからなかなか演出が派手。

Screenshot_2016-07-02-09-15-10

試合も3Dでちゃんと作られてる。(あんまり見ないけど)

Screenshot_2016-07-02-09-15-00

さて、このゲーム好みの分かれる点として「契約数」システムがある。

契約数」は契約日数のことで、「契約数50」だったらリアル50日後にはチームから抜けてしまう。契約数を延長する課金アイテムもあるが、1回しか延長できない。

一度手に入れて育てた選手であっても、必ず最後にはいなくなってしまうのだ。選手の回転の速いシステムと言える。

課金で手に入るキャラやカードが消滅するシステムは例が少ない。

初回ガチャが安く設定されていたり、ログインボーナスで課金石が手に入ることを含めて、このシステムがどう受け入れられるかは、気になるところである。

↓割引ガチャで激レアが出た!50日間がんばってくれー!

Screenshot_2016-07-07-09-41-04

・総評

1日1回、強化・オーダー編成するオーナーらしいプレイに向いている。シミュレーションゲームなので気長なプレイが肝なのだろう。

ランキングが表示されるエキサイトマッチで少しだけ試合をしたところ、36000位だった。もう少し盛り上がればな~ と思う。

●新規の方へ

最初、いろいろと項目が多く、ゲームに入り込みづらいところを筆者は感じました。でも進めていくと親切に説明が入るので、読んでいれば詰まることはないと思う。

とりあえず序盤は契約数など気にせず、チームの強化をがんばろう。その後でシステムが気に入るかどうかというところです。

(ホームタウンの建設がかなり大事らしい。平行して進めよう)

●課金石のお値段(おまけ)

課金石名称:つくろう球
ガチャ1回:5個

120円 =1個
480円 =5個
960円 =11個
2200円=26個
3800円=46個
5000円=65個
9800円=140個

これからプレイする人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク