【DQ10】3.4後期対応!悪霊の神々デッキ完成しました!

新スキル「魔王のいざない」によって悪霊の神々3枚のSSSタロットを手元に引き寄せることができるようになりました。これによりデッキ構成が大きく変わることになりました。

おすすめデッキと初心者向けデッキを紹介します。

デッキ紹介(初心者向け)

まずは初心者向けのデッキの紹介。必要に応じて「隠者」を「世界・月・星」などに切り替えて使ってください。大抵の敵に対応できます。

悪霊の神々使用デッキ紹介

こちらが現在使用中のおすすめデッキです。ページトップの画像のもの。

組み替えやすい構成を意識しました。武器はムチを使用しています。

●デッキの切替ポイントについて

モンスターは変えず、アルカナのみ切り替える。

このままのデッキでも大抵の敵に対応できます。他のアルカナを組み込みたい時は「切替ポイント」と書いたカードを、別のアルカナに変更することで手軽に対応可能。

例1:ベリアルの「太陽」を「力」にしてエンゼルの「力」を「世界」にする。
例2:プラチナキングの「愚者」を「月」に変える。

(私はSSカードは4枚ずつ、SSSカードは2枚ずつ揃えて運用してます。便利です。)

●デッキの趣旨

大前提としてこのデッキはスウィートバッグでのオーラ→水晶を狙う構成です

バッグによる水晶→攻撃アルカナ連打が、最も火力が出るという考えに基づいています。「魅惑の水晶玉」による攻撃力の強化を最大限活かすことができるのは、「ひっさつ」を除けばバッグオーラが最適と考えています。

魔王は「ピンポイント火力+支援アルカナ引き寄せ」という位置づけです。

●悪霊の神々3枚の内訳

魔王は「アトラス戦車」「バズズ死神」「ベリアル太陽」。

・アトラス戦車:会心30%は範囲攻撃にすると分散するので単体高ダメージを狙う。
・バズズ死神 :テンション維持と高ダメージを狙う。
・ベリアル太陽:保険。エンゼルで捨てられてもOK。死者がでやすい敵ならば審判もあり。

●魔王のいざないを使うタイミング

バッグ優先デッキなので魔王を使う状況は、ピンポイントで火力が期待できる場面及び、バッグオーラが狙いづらい状況

つまり頻繁には使わない。

確かに魔王からのテンションオーラ攻撃アルカナは強い。しかし、目的のあるカードでデッキを組むほど「目的のあるカード3枚を破棄するデメリット」が大きくなり、魔王の扱いが難しくなる。

エンゼル審判の場合は「審判の確保が最優先」である状況だからこそ2枚の破棄を躊躇無く行える。

一方、魔王攻撃アルカナの場合、3枚のタロットを破棄することになるが、「悪霊の神々のアルカナの価値+テンション+オーラ-1ターン消費」が「手札3枚の価値」よりも高いとは限らない。ここが魔王が使いづらい一番のポイントであると思う。

手札3枚を捨てるデメリット < 魔王を使うメリット

になるかどうかを常に意識しながら運用する必要がある。

そういう意味では魔王とバッグを併用しようとするこのデッキは頭を使うデッキと言えます。

●総論

以前から山札や捨て山、回転速度など複合的に考えることが多い職業でしたが、魔王の的確な運用を考えるとさらに難易度が高いです。

武器のとくぎも選択肢に入りますし、一番頭を使う職業なんじゃないでしょうか。その分おもしろいんですけどね。

・魔王雑感、他

テンションアップとオーラはおまけで、あくまで「任意のアルカナ3枚を手札に入れるスキル」という解釈する方向もありえると思います。

強敵相手に「アトラス太陽・バズズ審判・ベリアル女教皇」の構成で支援専門で組み込むなども考えています(まだデッキにはなっていないけど)。

また、主力の攻撃アルカナを3枚を揃えて「ひっさつ」からのオーラ3連発専用にするのも面白いかもしれません。

しかし、魔王の運用に限りませんが、占い師のデッキってものすごく性格出ますね。他の人のデッキ構成を聞いてびっくりしました。

他の人のデッキを見れるようになったら面白いかもしれないですね。トラブルも増えそうだけど・・・。

●バッグ魔術師デッキについて

両手剣や魔法使いなど、一撃の強い攻撃をもつ味方がいる時に有効です。が、味方が多段攻撃系の武器を扱っているとほとんど火力になりません。

味方と連携を取れれば1、2を争うDPSが出ると思うのですが。楽しいし。

しばらく使っていましたが、現在は安定を求めて通常の攻撃デッキを使用しています。なので今回は載せませんでした。

3月19日追記 3.5前期対応占い師情報まとめました!(別ウィンドウで開きます)

【DQ10】占い師タロット合成まとめ 3.5前期タロット合成チャートを追加!