「ニンテンドースイッチ」ついに詳細発表!気になる仕様を分析!

スポンサーリンク

1月13日「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」にてニンテンドースイッチの詳細が発表されました!

また同時にニンテンドースイッチ公式サイトも公開されました!

価格は29,980円(税別)! 発売日は2017年3月3日!

Nintendo Switch™雑感

動画の感じでは思ったよりサイズが小さめでした。

本体の記録容量が32GBと少ないですね。microSDでの増設が必要になるのでしょうか。それともカセット形式なので必要ないのかもしれませんね。

CPU/GPUに関してはTegraプロセッサーという記載のみですが、動画を見る限りPS3以上PS4以下といったところでしょうか。

バッテリーは容量が4310mAh。持ち運びをウリにしてるわりに容量大き目のスマホと同程度の容量なので、どうなるかなといった感じです。劣化もしますしやはり基本据え置きの扱いになるのかなぁ。

同梱品は下記一式。

Nintendo Switch本体
Nintendo Switchドック
Joy-Con×2
Joy-Conストラップ×2
Joy-Conグリップ
HDMIケーブル
Nintendo Switch ACアダプター×1個
セーフティーガイド×1枚

一通り揃ってくれてます。しかし有線LANアダプターは別売り。Wifiは切れることがあるから有線LANがいいのだけど別売りですか~。残念。

Nintendo Switchドック

充電機能と接続端子を増やすためのものですね。CPUやHDD機能などはなく思ったより簡素な作り。USB端子は3箇所のようです。

注目の機能をピックアップ

気になる点をピックアップしました。

1.タッチスクリーン機能あり

本体を持ってのプレイでなければ使えないはずなので、使用頻度は低いかもしれませんね。

2.オンラインは有料(2017年秋まで無料)

発売日の3月3日から利用できます。残念ながら2017年秋以降は有料のようです。

気になる点としては「一部のソフトを除きNintendo Switchでオンラインプレイを楽しむには、本サービスをご利用いただく必要があります」と記載されていること。

プレイステーションネットワークなどでは大型ネットゲームの場合例外扱いになることがありましたので、ドラゴンクエスト10などは例外扱いになる可能性はありますね。

3.モーションIRカメラ搭載

Joy-conにモーションIRカメラが搭載されています。センサーは距離や形を認識してくれるようです。ゲームでどう使うのかわかりませんが・・・ちょっと気になります。

4.Joy-conストラップ

Wiiリモコンと同じく、振ったり動かしたりする操作が可能。

5.HD振動

コップに入れた氷がカラカラする様子を感じ取れるらしい。Joy-conは小さいのにずいぶん高性能ですね~

発売予定のソフト

公式で発表されているものをずらっと並べてみました。

・ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
・1-2-Switch
・ARMS
・Splatoon2
・いっしょにチョキッとスニッパーズ
・ドラゴンクエストヒーローズⅠ・Ⅱ
・ウルトラストリートファイターⅡ ザ・ファイナルチャレンジャーズ
・SUPER BOMBERMAN R
・SUPER MARIO ODYSSEY
・project OCTOPATH TRAVELER
・マリオカート8デラックス
・信長の野望・創造 with パワーアップキット
・いけにえと雪のセツナ
・ぷよぷよテトリスR
・魔界戦記ディスガイア5
・ドラゴンボール ゼノバース2(仮称)
・みんなでワイワイ!スペランカー
・三國志13 with パワーアップキット
・真・女神転生 シリーズ最新作
・ゼノブレイド2

他にスイッチでの発売が公表されているもの

・ドラゴンクエスト10
・ドラゴンクエスト11
・Skyrim
・ファイアーエムブレム無双
・FIFAシリーズ
・マインクラフト

結構な有名どころが並んでいます。任天堂はポケモンやどうぶつの森などもありますし、まだまだ情報が出てきそうですね。

みまもりSwitch

子供にとって悪夢のような機能「みまもりSwitch」。

親御さんがゲームしてもいい時間を設定しておくと、時間が過ぎると教えてくれるおせっかいぶり。

また、下記引用のような機能もある。

お子さまのプレイ状況をみまもる。

どんなゲームをどれくらい遊んだかひと目でわかるレポート機能も。

日々のプレイ状況を確認できるほか、月に1回、その月のプレイ状況をまとめたレポートもプッシュ通知でお届けします。

お子さまがいまどんなゲームに興味があるのかを知ることができます。

この上ない監視体制をひいてくれる。科学の発展の犠牲になるキッズ達。

ま、冗談ですけどね。

総評

全体的に家族や友人とのマルチプレイを重視したハードですね。そういう意味ではやはり子供がターゲットなのでしょう。それにしても相変わらず任天堂のソフトは完成度高いですね~。

値段については性能を考えれば妥当な線でしょうか。PS4より高くはできないし25,000円だと採算が取れないようです。

任天堂の今後を占う重要なハードですが、キラータイトルと言えるのはゼルダくらいでしょうか。値段も機能も悪くないとは思いますが、もう一つ見所が欲しかった感がありますね。

何にせよ発売日が筆者の誕生日なのできっと売れることでしょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする