【FF14】オメガ・デルタ編をさらっと予習したい人向け攻略情報!

スポンサーリンク

パッチ4.01にてついに「次元の狭間オメガ」が実装されました!

筆者は次元の狭間オメガ・デルタ編(ノーマル)をめでたくクリア!

初見でちょっと予習したい人のために、注意するポイントだけ攻略情報をまとめました。

ボス画像と名前が載ってますのでネタバレ注意です。

デルタ編1ボス「アルテ・ロイテ」

●火球

時限爆弾。しばらく経つと黒い炎になり、一瞬ダメージ範囲が表示されたあと爆発。火球自体を移動させることがあるので要注意。

●氷床

シヴァと同じ滑る床。火球と組み合わせて使ってくるので注意が必要。

●ミールストーム

全員のHPを99%削る感じの攻撃。この後の全体攻撃「咆哮」で全滅しないようヒーラーは一気に回復させる必要があります。

ギミック的には今までのボスの組み合わせみたいな感じ。複合的なエリア攻撃が多く、かなり立ち位置に神経を使いますが、ここまで進められた人なら対応可能と思います。

ヒーラーさんの負担が大きい感じのボスでした。

デルタ編ボス2「カタストロフィー」

●大地震

2万くらいの全体ダメージ。イベントアクションの「グラビティギア」を使えば回避可能。

●震源生成

クネクネした触手が4本生えマーカーがつく。時間が経つとマーカーが消える触手と残る触手があり、マーカーの残った触手の周辺にダメージが発生する。マーカーの消えた触手に近づくようにしていると避け易い。

●暗黒光(青と白のボール)

青のエリアは浮いていれば喰らわない。白のエリアは地面にいれば喰らわない。(※浮いていると喰らう。浮いている状態を解除する方法はない) 画像の状況では中央で地面にいれば回避できる。

デルタ編ボス3「ハリカルナッソス」

●ゲームスタート

ロールのマークが床に表示される。各自のロールの場所に立つことで攻撃を回避できる仕組み。

●クルルルル!

ボスの向いている方向に扇状の「トード」攻撃がくる。表示は一瞬しかされないため、ボスの向きに注意して回避しよう。

トード状態になると「ロール無し状態」と判定されるため、上記の「ゲームスタート」を回避できなくなる。その時はマークのエリア外にいるとダメージが少なくてすむ。

また、床のマークがカエルになることがある。その時は「クルルルル!」をわざと受ける必要がある。

●女王の舞い

全体ダメージだが地面が青い場所はダメージが低い。移動すればOK。

他にもミニゲームの嵐でなかなか楽しい。ミニゲームを成功させるとLBゲージが1本分増えたりヘイストがついたりする。

デルタ編ボス4「エクスデス」

避ければいいだけの攻撃が多いのでさほど脅威ではない。注意点は2つ。

●真空波

吹き飛ばし効果がある。前半は柵があるので落ちないが、後半は柵が無くなるためボスに近づいて吹き飛ばしに備える必要がある。

●エクスデス(木)の出現

顔の前にいると扇状の攻撃でゾンビにされるので後ろに回りこみましょう。

こんな感じでした! ボスの体力は高いものの難易度はそれほどでもなく、神龍を倒せた人ならさほど苦労しないでしょう。

零式4層ではネオエクスデスが出るそうですね。マニアックなところにお金かけてるなぁ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする